川島会計事務所    川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています
お問い合わせはコチラからインターネット会計事務所
税理士は納税者の申告代理の専門家として納税者のために一生懸命であらねばならない。
ホーム ご挨拶 特徴 業務案内 マップ 企業理念 会社概要 採用情報 お問合せ
会計帳簿の記帳代行・毎月の試算表の作成

・この場合の会計帳簿とは総勘定元帳を言います。
複式簿記(いわゆる借方、貸方)により仕訳されたものを会計プログラムにより当事務所が入力代行作成いたします。

・入力することによって各勘定科目に転記され、その集計された各勘定科目の合計数字の一覧表が合計残高試算表といいます。
これで毎月の試算表ができます。
試算表は残高があっているか否かが大事ですので、主要科目すべてについて補助科目一覧表を作成いたします。
毎月の財政状況や損益がみられますし、銀行等へもいつでも提出できます。

・なお、現金出納帳は当事務所で現金を管理できませんのでお客様に記載していただきます。
当座預金帳、普通預金帳等、仕入帳、売上帳もお客様に原則として記載して頂きます。
もちろんこれら記帳は親切丁寧にできるまでの記帳指導いたします。

・当事務所では入金伝票、出金伝票、振替伝票を起こさない方法にて行っております。
入出金伝票や振替伝票を起こさなくいいということは時間の短縮がはかられます。
ペーパーレスの流れは一般企業でもどんどん進んでいます。
やがて納品伝票、請求書も近い将来なくなり電子書類となるでしょう。
総勘定元帳、決算書、申告書まで、各種申請・届出書もパーパーはなくなります。
もちろん、どうしても起こしたい方は起こしてかまいませんが、時間の省略からだんだん起こさないやり方にほとんどお客様が変わっていきます。

・現金出納帳、各種預金帳、仕入帳、売上帳により直接入力をする方法を採用しております。
どうしても科目は何にしたらよいだろうとか迷う場合がおおく、複合仕訳についても単式に分解して記載しますので理解しやすいと思います。

・エクセルにより、現金出納帳・預金帳・仕入帳・売上帳の作成できるようにご指導いたしますのでエクセルの練習にもなり、計算をいれる必要がなくなります。

・科目や仕訳ができるようになりましたら次のパソコン会計の導入となります。
仕訳に自信のあるお客様は最初からパソコン会計の導入をしています。



Copyright (C) 2000 Kawashima kaikei jimusho Corporation. All RightsReserved.